眩しさを防ぐ、コダック ネオコントラストレンズ

○加齢による水晶体の黄変

老眼、白内障‥‥加齢による目の老化や疾患は様々ありますが、一般的に知られていないのが「黄変」です。「黄変」とは水晶体に黄ばみが生じる現象のことです。だれもが成人以降に水晶体の黄変が徐々に進行し、多くの人が無自覚のまま、「水晶体の黄変」は進んでいます。

○水晶体の黄変と見え方の変化

「水晶体の黄変」は瞳を通ってくる青色光を遮断(吸収)し、黄色光(波長585nm)の感度が強くなりすぎることで、眩しさを強く感じ、像の輪郭がぼやけるなどコントラストが低下します。

○ネオコントラストレンズで眩しさを抑え、クリアで明瞭な視界を実現

ネオコントラストレンズは濃いレンズカラーで遮光するサングラスと異なり、色が薄いカラーでも眩しさを抑え、明るくクリアな視界を確保できます。運転中のトンネル内や薄暮から夜間のかけ替えが不要で、普段使いのレンズとしてそのままお使いいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です